当サイトへのリンクは自由です。
よろしければ、↑上記のバナーをお使いください。

 
     
 

2006年4月2日        第4回
TU-TENKO CHALLENGE 2006 開催 !!

 
     

協       賛

FactoryNATO  カツイチ  ロデオクラフト  スミス  ラッキークラフト YGKよつあみ
サウスタイムス
スミス様には大会審判員までご協力頂き誠に有難うございました

 
優勝 奥山親子チーム 記録 48匹
2位  山口、高田チーム 記録 36匹
 
3位  武田ご夫婦チーム 記録 30匹
 
大物賞 栗山様 記録 53cm
 
 
 
 

今大会でご協力頂いた大久保氏よりのコメント
雨の降るあいにくの天候でしたが パターンを見つけた方が確実に釣果をのばしておられました。
釣り方をその日の魚に合わすことによって釣果の差がはっきりと出たことが今日の大会の注目すべき点だったとおもいます。つまり、口を使う魚のタナをいかに見つけることができるかというのが通天湖の難しさであり面白さなのだということがわかりました。 今後とも このような大会がおこなわれると楽しいですね

大久保幸三
http://www.geocities.jp/hook_and_shot_professionals/index.htm
1969年10月大阪の下町に生まれる。
幼少の頃から吉本新喜劇と昆虫と釣りをこよなく愛する。
人生のテーマに釣りを選び魚の情報を水中から学ぶ為4年間のスクーバーダイビングのインストラクターを経験。
現在フリーのフィッシングカメラマンとして新しい分野を開拓中。
フィールドワークと省して年間約150日を海外で、 残りの150日以上を国内の釣り場で過ごしている。
魚種を問わず大物を釣ることに意欲を燃やす。 釣れて潜れるカメラマン。